着物の柄や種類・歴史について学ぶことは良いこと
いらなくなった着物、売りたくないですか?→着物買取福ちゃんが頼りになります
着物は世界に誇れる日本の伝統文化で、着物は日本の生活や文化に溶け込みやすく、日本人特有の体型や顔立ちにもよく映り、日本の気候などにも適しています。 着物の歴史は平安時代に、小振りな袖で対丈の衣服が始まりとされています。 そして、着物の柄にも様々なものがあり、植物、桜、風鈴、朝顔、花火、ススキ、こいのぼりなどの季節を感じる事が出来る柄や、吉、喜、福、寿、夢などのおめでたい文字などを文様とした文字文様。建物、工具、楽器などを文様にしている生活財文、また、童人、仙人、天人などを文様にした人物文様。草、木、花、果実、魚、鹿、馬、鳥、蝶などの植物・動物文様。そして、宝剣、宝輪など、おめでたいとされている、宝物をちりばめた柄の宝尽くしは、華やかである事から、ご祝儀の着物や帯、小物などにも用いられています。 着物には沢山の柄があり、種類にも木綿や化繊のものや、浴衣、ウール素材、大島紬、結城紬など、様々なものがあります。